Return to site

画像/映像からさびの発生検知と領域特定を行うAIソリューションを提供開始

Automagi株式会社は、画像や監視カメラの映像から鉄塔や橋梁のさびの発生の検知や、発生範囲の特定を行うことが可能なAIソリューションを2018年5月 29日(火)より提供を開始いたします。

鉄塔や橋梁の設備に多く使用されている耐候性鋼材は、さびの補修塗装や除去に多大な労力が発生するため、早期にさびを検知し補修することが重要になっています。また、さびの目視による点検業務は、点検員の熟練度によりさびの発生範囲の特定が左右されるという課題もあります。

本ソリューションは、鉄塔や橋梁などを撮影した画像、または監視カメラの映像から、深層学習(ディープラーニング)の技術によりさびの発生検知と領域特定の判定が行えます。また、さびの領域ごとに細かく腐食の度合いの判定も数値化できるため、ある程度腐食が進んだ段階で検知するということも可能です。

本ソリューションを導入することで、これまで定期的に点検員が行っていた目視の診断作業の工数の削減と、領域特定を高い精度で行うことが可能になります。

本ソリューションでは、Automagiがこれまで培ってきた深層学習(ディープラーニング)による画像認識の技術と、認識精度を高めるための様々な画像処理技術が活用されております。同手法でビビ割れ(クラック)や腐食、領域破損の検知にも取り組む予定です。

<AIによりさびの領域を特定した画像>

<AIで処理した画像の例>

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly