人工知能/AIソリューション「AMY」

一次外観検査の完全自動化の未来へ

AMY InfraChecker

インフラ設備の人間の目視による点検/診断業務を、
画像映像解析AIを組み合わせることで大きく変革します。

開発の背景

日本のインフラ設備の維持が近い将来に危機的状況を迎えるということが懸念されています。背景として、建造から築50年を経た橋梁・道路・トンネル・建築物など、基幹インフラ設備の老朽化の進行があり、これを補修保全するにも少子高齢化の影響により熟練労働者の確保が難しくなってきたことが挙げられます。※

これは大きな社会課題となっており、ICT分野, IoT/ AI技術などの先端技術をいかに活用して、これらの課題を解消していくかが問われている状況です。

※土木分野では2030年までに道路や橋などで所定の定期診断が義務化され、エネルギー産業分野では熟練技術者が2025年に大量に引退することがきっかけとなり、人材・技術継承者不足が予想されています。

こうした背景から、インフラ設備の
人間の目視による点検/診断業務を、
画像映像解析AIを組み合わせることで
大きく変革するサービスとして
誕生したのが
「AMY InfraChecker」です。

人間の目視による点検/
診断業務を代行

労務コスト削減

  • ドローン・定点カメラで点検時間
    そのものの大幅削減
  • 劣化度判定・報告作成業務の削減

統一基準での判定

  • 初心者でも経験者と同様の判定
  • 熟練者の後継者問題の解消
  • 顧客へ納得性のある判定の提供

安全向上/CSR向上

  • 死亡・傷害事故などの重大なリスク回避
  • 働き方改革を実現する業務効率化

「AMY InfraChecker」 カタログダウンロード

AMY InfraCheckerについて詳しく知りたい方へ

インフラ設備の人間の目視による点検/診断業務をサポートいたします。
詳しいサービスについてご覧下さい。

           AMY InfraChecker
カタログダウンロード

劣化種類・全網羅型点検を

1つ認識できるだけではなく、幾つもの点検項目を
検出できてこそ大きな省力化が
もたらされるもの。
Automagiはインフラ点検における
様々な劣化・異常の自動検知モジュールを
保有しています。

サビ・腐食

ヒビ・クラック

塗装剥がれ

塗膜浮き

漏油

部位破損

計器表示

鳥の営巣・異常物

検出は当たり前に。
大切なのは
”客観的な判定スコアリング”

サビ検知AIは再現率97.66%。 劣化の進行度に応じた劣化レベルの表現が可能。さらに、対象物に
おける腐食領域率を算出する独自手法(特許申請済)により、客観的な判定スコアリングを実現します。

「AMY InfraChecker」の利用イメージ

「AMY InfraChecker」 カタログダウンロード

AMY InfraCheckerについて詳しく知りたい方へ

インフラ設備の人間の目視による点検/診断業務をサポートいたします。
詳しいサービスについてご覧下さい。

           AMY InfraChecker
カタログダウンロード

Automagiの強み

精度向上・スコア化の独自技術

専門的な知見も含め、実用的なAIエンジンとスコアリングのロジックを開発・保有

高度な技術者

常に海外・国内の最先端技術の論文を調査し実用できる高度な技術者を持ったAIエンジニアが多数在籍

多くの企業の声を聞いたノウハウ

インフラ関連企業20社以上にヒアリング
課題にフォーカスしたビジネス設計を実施

カメラやドローン撮影も提案可能

ドローンソリューション企業/IPカメラ企業と提携

安心のセキュリテイ

国際的なセキュリティ規定の環境下で開発
大手金融機関の審査もクリアした導入実績多数

Automagiが目指すのは、一次外観検査の完全自動化

非破壊検査において多くのボリュームを占める
外観検査一次スクリーニングの
一連のフローを代替・自動化。
さらに異音検知も研究開発が進行中。
劣化の時期予測や領域推測など、
AI・先端技術を活用して
インフラ一次点検業務の完全自動化へ。

リーズナブルな
実証実験のご提案実施中

詳細はお問い合わせください。
メッセージ本文にご相談内容をご記載ください。

お問い合わせ