お役立ちブログ

AIを活用したビジネスの解決方法・ノウハウ・事例などをまとめた
お役立ち記事をご紹介しています。

「動画分析/計測・計数」におけるAI活用法

【物流×AI】人海戦術からの脱却

2018-08-15

スマートフォンや固定カメラで荷物を撮影するだけで、対象物の大きさ素早く計測する事を可能にしました。

人手で行っていた三辺計測を自動化

従来は、荷物の採寸を手計測で行い、その結果を目視で確認していたため、1つの採寸に15秒ほどの時間がかかっていました。本ソリューションを活用した場合、1つあたり1秒で計測し、必要に応じて同時にシステムへの情報登録が完了するため、検品作業では約85%の時間短縮ができ、業務の効率化が実現できます。
現在、この技術は特許出願中であり、今後の出荷業務や倉庫内業務の効率化に大きく貢献していきます。

高精度な画像認識機能で、仕分け検品作業を効率化させるAI「AMY INSHGT」

「AMY INSIGHT」は高精度な画像認識により、仕分け作業の自動化、商品検品作業の自動化をすすめ、スピーディーな仕分け・検品をサポートします。これにより、人的リソースの省力化、および確認ミス削減に貢献します。今日まで膨大な仕分け作業において、人員を割いて作業をすすめることで起きてしまう人的ミス、サンプル品の欠品・配送遅延を減少させることができます。こうして顧客満足度を下げる原因を著しく減らし、人に頼る体制からスマートな配送体制に変革を遂げることが可能です。そこで、大手物流会社の導入事例を下記のホワイトペーパーでご紹介しております。具体的な効果を知りたい方は必見です。

AIで物流分野の省人化、省力化、遠隔化を実現する方法