画像/映像分析AIソリューション

物流業務・検品業務を省力化。

AIが人に代わって、入出庫検品・異常の検知・受注処理を実現します。

AIで物流分野の省人化、省力化、遠隔化を実現する方法

ホワイトペーパーダウンロード

物流業務・検品業務においてお悩みではありませんか?

物流センターの入出庫検品業務

  • ●EC増加に伴い業務量が増加
  • ●人手がかかっているわりに確認ミスが多発
  • ●作業者の熟練度によって業務量にばらつき

製造ラインにおける異常チェック

  • ●製品によってチェック基準が様々で、習得に時間がかかる
  • ●熟練者に依存しているため、不在時・退職時のリスクが大きい

配達ドライバーのサイズ計測業務

  • ●ドライバーが不足している
  • ●計測スピード・業務品質のばらつきが発生している

管理部・経理部の発注書処理

  • ●個々の業務量の増加している
  • ●入力ミスが発生している

画像・映像解析AI「AMY INSIGHT」
を活用することで、これらの課題を解決できます。

従来は人間の「目」や「熟練度」に頼っていた検品、異常チェック、計測などの業務において、
AIを活用することで劇的なコスト削減や効率化を実現します。

AMY INSIGHT カタログダウンロード

AMY INSIGHTについて詳しく知りたい方へ

企業様専用の画像・動画解析エンジンの構築をトータルでサポートいたします。
詳しいサービスについてご覧下さい。

AMY INSIGHT
カタログダウンロード

物流業務・検品業務におけるAI活用事例

物流関連・検品関連の画像・映像解析AI技術を豊富に保有しています。

物流業務のムダとムラを解消するAIの活用術

急速なAIの進化は、かつて人手に依存していた業務の自動化・最適化を急速に進めつつあります。
その最たる例が「物流・サプライチェーン領域」です。
多種多様な種類を取り扱い、年間数十億個の荷物が行き交う物流シーンにおいて、AIはどのような活用法を見出されているのでしょうか。

今回は、近年進化が著しい物流業務のAI活用についてご紹介します。

【物流×AI】人海戦術からの脱却

スマートフォンや固定カメラで荷物を撮影するだけで、対象物の大きさ素早く計測する事を可能にしました。

高効率な物流を実現する AIによるアパレルタグの自動検品

スマートフォンのカメラで商品のパッケージやタグを撮影するだけで、商品名や型番などを認識し、検品時間が約85%削減できるAIソリューションを開発しました。

すべての事例を見る

AI導入の流れとご提供業務

お気軽にご相談ください。

企業が抱える様々なビジネス課題を解決するための画像・映像AIの構築をトータルでサポートいたします。「どのように活用できるか相談をしたい」などお気軽にご連絡下さい。

お問合せ

03-5333-6131(営業時間 9:00〜18:00)