NewsRelease -AMYNewsRelease -insight

Automagi、AI画像認識活用物流システムの国内市場でシェア2位を獲得

Automagi、AI画像認識活用物流システムの国内市場でシェア2位を獲得
〜企業の様々な課題を解決するためのAIソリューション「AMY(エイミー)」で、物流企業の課題を解決〜
企業の様々な課題を解決するためのAI(人工知能)ソリューション「AMY(エイミー)」を開発・提供するAutomagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井将彦、以下Automagi)は、株式会社富士経済(本社:東京都中央区、代表取締役社長:清口正夫、以下富士経済)が発表した「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望2019」にて、AI画像認識活用物流システムの国内市場において2018年シェア2位を獲得したことをお知らせします。

■Automagiは市場シェア22.2%、国内市場は2025年には約43.7倍の700億円に成長する見込み
AI画像認識活用物流システムの国内市場は、通販販売市場の拡大や配送件数の増加、荷姿やサイズの多様化からAI画像認識活用のニーズが高まり、2020年以降に急成長が予想されています。市場規模は2018年と比較すると2020年には3.7倍、2025年には43.7倍にまで成長すると見込まれています。

※富士経済「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望2019」内
「AI画像認識活用物流システムの国内市場規模推移・予測」のデータからAutomagiで作成

 Automagiはこれまでに累計120件を超えるAI開発プロジェクトを実施し、その中で培った経験を生かして企業へのAI提供を拡大しています。2018年度は、AIを提供するまでの平均期間が2.1ヵ月と、短期間でAIを提供できる点が強みになります。
物流分野は注力分野のひとつで、延べ30カ所以上の物流施設の見学を行い、課題抽出や要件定義の支援から参画することで、AI開発プロジェクトの実証実験は約8割が商用化に至っております。
こうした取り組みがこの度の市場シェア2位の獲得につながりました。

AI画像認識活用物流システム
販売金額メーカーシェア(日系グローバル市場)

出典:富士経済「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望2019」

 今後もAutomagiは急成長するAI画像認識活用物流システム市場において、より多くの物流企業の課題を解決するサービスを提供することで、国内市場シェア1位を目指してまいります。

■AI製品や導入事例、セミナーについてはこちら
画像/映像分析AIソリューション「AMY INSIGHT(エイミー インサイト)」
https://www.amy-ai.com/insight/
Automagiでは120を超えるAI開発プロジェクトの経験から、プロジェクトを成功させる為のノウハウを紹介するセミナーを定期的に実施しております。セミナーでの登壇依頼も承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

<Automagi 株式会社について>
Automagi株式会社は、通信キャリア向けの大規模ユーザシステムや人工知能技術を活用した金融機関などへのサービスの提供などを担当し実績としています。これら自社開発ノウハウを活かし、AI(人工知能)やIoTのソリューションの開発・提供をしています。
会社名:Automagi 株式会社
設立:2010年6月4日
本社:〒163-1428 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティータワー28階
資本金 :545百万円
代表取締役社長:櫻井 将彦
従業員数:77名

事業内容:
・人工知能/データ解析分野でのソリューション提供/システム開発
・通信キャリア/大企業向けの大規模/高信頼性システムの開発・運用
・企業の新規事業/サービスの開発支援コンサルティングサービス
・IoT/位置情報関連サービスのソリューション提供/システム開発
・海外技術企業の日本市場開拓サポート

■お問合せ先
Automagi株式会社 プロダクトサービス部 渕井
TEL:03-5333-6131
E-mail:pr@automagi.jp
URL:https://www.automagi.jp/