NewsRelease -AMYNewsRelease -insight

Automagi、EDGEMATRIXが提供する エッジAIプラットフォームに画像/映像分析AI「AMY INSIGHT」を提供

企業の様々な課題を解決するためのAI(人工知能)ソリューション「AMY(エイミー)」を開発・提供するAutomagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井将彦、以下Automagi)は、EDGEMATRIX株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 太田 洋、以降EDGEMATRIX)が来年4月に提供開始予定のエッジAIのためのデバイス、サービス、アプリケーションの統合管理プラットフォーム「Edge AI Platform(エッジAI プラットフォーム)」に、AIアプリケーション(アプリ)を提供することでEDGEMATRIX株式会社と合意したことをお知らせします。

エッジAIプラットフォームは、来年2020年1月以降に試験サービス、同年4月以降に本サービスの開始を予定しています。
エッジAIプラットフォームでは、エッジAIデバイスをクラウド側から統合管理できる各種機能や、エッジAIデバイス上で稼働するAIアプリの開発キットであるSDKによる開発者支援や、デバイスに接続するカメラ映像を効率的に伝送し、多数の映像を同時にモニターし、管理できる「Edge View(エッジビュー)」など、エッジAIデバイスを活用するためのサービスを提供します。

画像や映像をセキュリティ観点からインターネット経由での送信を避けたい、画像や映像のAI分析を低遅延で行いたいといった企業のニーズに対応するため、Automagiが開発・提供している画像/映像分析AIソリューション「AMY INSIGHT(エイミーインサイト)」の様々なAIアプリを、今後エッジAIプラットフォームに対応し、エッジAIの提供を拡大してまいります。

Automagiは、これまでは人間の目視による判断が必要だった作業について、AI技術を活用することで自動化、省力化、高度化を実現するため、今後もAIを活用した新しいサービスの開発や業務効率化に貢献していきます。

画像/映像分析AIソリューション「AMY INSIGHT」の公式サイト

 

<EDGEMATRIX株式会社について>
EDGEMATRIXは、米国Cloudianからスピンアウトし、NTTドコモ、清水建設、日本郵政キャピタルから出資を得たスタートアップです。エッジAIをデータ生成現場(エッジ)で処理し伝送するエッジAIデバイス「Edge AI Box」、デバイス、サービス、アプリケーションの統合管理基盤「Edge AI Platform(エッジ AI プラットフォーム)」、エッジAI導入課題を解決する「Edge AI Solution (エッジAIソリューション)」を提供します。
会社名:EDGEMATRIX株式会社
設立: 2019年4月26日
代表者:代表取締役社長 太田 洋
所在地:東京都渋谷区代官山町8-7 Daiwa代官山ビル
資本金:500万円
従業員:10名

主な事業内容
・エッジAIデバイス事業
・エッジAIプラットフォーム事業
・エッジAIソリューション事業

<Automagi 株式会社について>
Automagi株式会社は、通信キャリア向けの大規模ユーザシステムや人工知能技術を活用した金融機関などへのサービスの提供などを担当し実績としています。これら自社開発ノウハウを活かし、AI(人工知能)やIoTのソリューションの開発・提供をしています。

会社名:Automagi 株式会社
設立:2010年6月4日
本社:〒163-1428 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティータワー28階
資本金 :545百万円
代表取締役社長:櫻井 将彦
従業員数:77名

事業内容:
・人工知能/データ解析分野でのソリューション提供/システム開発
・通信キャリア/大企業向けの大規模/高信頼性システムの開発・運用
・企業の新規事業/サービスの開発支援コンサルティングサービス
・IoT/位置情報関連サービスのソリューション提供/システム開発
・海外技術企業の日本市場開拓サポート

■お問合せ先
Automagi株式会社 プロダクトサービス部 相馬
TEL:03-5333-6131
E-mail:pr@automagi.jp
URL:https://www.automagi.jp/