不定形文書認識

文書のどこに何が記載されているかを自動判別し、認識を行います。

伝票抽出

伝票を学習させることにより、画像内に写っている伝票を抽出することができます。

侵入検知

特定領域内に不審者や不審物が侵入した際に、自動判別を行い侵入を検知することができます。

異物検知

良品データを学習することで、不良品を自動検出することが可能になります。

顔認識

認識対象とする顔画像を学習することで、1人1人の顔を認識することができます。

人の 行動判定

判定したい行動を学習させることで、どのような行動をしているか自動で判別することが可能になります。

人・物体検出

検出対象の画像とラベルデータを学習させることで、特定の対象を検出可能になります。

人・物体領域抽出

検出したい人や物体のより詳しい領域を求めることができます。

人の骨格生成

単眼カメラで撮影した動画や画像に対して、骨格を自動生成することができます。